鉄欠乏性貧血の症状や注意点など詳しくご紹介します。

鉄欠乏性貧血の主な症状とは

不調は全身に現れる

鉄欠乏性貧血によって鉄分が不足してしまうと、体内の酸素量が不足している状態になります。そのため、息切れやめまいと言った症状を引き起こします。また、爪が反った形となったり、舌のざらざらが無くなったりという変化も現れることがあります。

身体に現れる変化とは

鉄欠乏性貧血で現れやすい変化は様々です。例えば肌が荒れる、爪が反る、抜け毛が増える、舌の表面のざらざらが無くなる、口内炎が頻繁にできるといったことです。これらの変化が体に現れた場合は要注意です。

食の好みも変わってしまう?

鉄欠乏性貧血の症状において、普段食べる習慣がないような物を食べたくなることがあります。それを異食症と呼びます。特に噛みごたえのある食べ物を口にしたくなることが多く、良くあげられるのは氷やお煎餅といったものです。

鉄欠乏性貧血を予防するために心がけるべきこととは?

no.1

食事は3食ちゃんと食べる事が基本

鉄欠乏性貧血の原因は、鉄分の摂取量が少ないことが多いです。もし鉄分を摂取できたとしても、その吸収を補う栄養素を摂ることも非常に大切になってきます。鉄欠乏性貧血の予防には、毎日3食しっかり食べる事が大前提となります。

no.2

鉄分が含まれた食品を食べる

鉄分が多く含まれる食品として、代表的なものはレバーや赤身のお肉、大豆、緑の野菜、貝類などです。さらに鉄分の吸収を高めるために、柑橘類やビタミンCを含む果物などを一緒に摂取すると非常に効果的です。

no.3

ストレスやアルコールの摂取

栄養をしっかり摂取し吸収するためには、胃腸の働きがとても大切になります。胃腸の働きを鈍らせないために、過剰にアルコールを摂取することや、ストレスを溜めすぎることなどは禁物です。

no.4

食事中の緑茶やコーヒーは禁物

緑茶やコーヒーにはタンニンが含まれています。このタンニンは鉄分の吸収を妨げてしまうため、食事中や食事の直後に摂ることをひかえましょう。

no.5

外食はひかえめに

外食やコンビニでの食事は、栄養が偏りがちになってしまいます。使われている材料が把握しにくいという問題もあります。なるべく手料理で、鉄分や栄養を摂ることを心がけましょう。

【PR】
平野区の病院で問題解決
実績のある先生が対応してくれます。 【PR】
増えていくがん細胞を免疫療法で撃退!
治療実績豊富なドクターに無料で相談可能。 <PR>
夜間診療を行なっているクリニックを探すなら浦安が最適
多くの人が利用している理由を教えます! 【PR】
脳動静脈奇形を撃退!
後遺症の残ることのない丁寧な手術をしてくれる。

鉄欠乏性貧血を詳しく解説!

鉄欠乏性貧血の種類

鉄欠乏性貧血の種類とは?

鉄欠乏性貧血の中には危険なものがあります。症状としては血圧や心拍数に異常をきたすものです。その場合には命に関わる恐れもあります。また、癌などの大きな病気によって鉄欠乏性貧血が引き起こされているケースもありますので、貧血だからとあなどることは禁物でしょう。

READ MORE
鉄欠乏性貧血の薬

鉄剤を服用するのが一般的

鉄欠乏性貧血では鉄剤を服用するのが一般的な治療となります。鉄剤は処方されたものは問題ないですが、もし市販薬を購入する際には薬剤師に相談することが必須です。

READ MORE
鉄欠乏性貧血の予防

鉄欠乏性貧血を予防するために

鉄欠乏性貧血の原因としては、単純に鉄分の摂取量が少ない事があります。また、成長期などにおいて鉄分の量が足りなくなってしまう場合もあります。現段階で貧血の問題がなかったとしても、注意する必要があるでしょう。

READ MORE
鉄欠乏性貧血の治療や期間

治療方法や期間はどのくらい?

鉄欠乏性貧血の基本的な治療は鉄剤を内服することですが、まずは原因を探すことが必要です。貧血の原因には癌といった病が隠されていることがあります。その場合には病気自体の治療を行います。鉄剤を内服する治療は、半年以上の長期間に渡ると考えた方が良いでしょう。

READ MORE
鉄欠乏性貧血で注意するべきこと

鉄欠乏性貧血で注意すること

鉄欠乏性貧血は、全身に十分な酸素が送り出されていない状態になっています。そのため、無理な運動などを行うと息切れや動悸、めまいといった症状を引き起こしてしまいます。また、身体の抵抗力が低くなっているので、身体を清潔に保つことが大切です。

READ MORE

鉄欠乏性貧血で気を付けることとは?

運動や仕事で疲れすぎないようにする

鉄欠乏性貧血になると、身体の中の酸素量が少ない状態になっています。さらに運動などを行うと、身体はより酸素を必要としますので、動悸や息切れ、めまいといった症状が引き起こされます。無理をせずこまめに休むことが大切です。

急に立ち上がったりしないこと

貧血の症状では、頭にも酸素が足りていない場合が多くあります。そのため、急に立ち上がったりすると立ちくらみや、身体を上手く支えられずに倒れてしまう場合もあります。動作を行う際には、ゆっくりとした動きでおこないましょう。

身体を冷やさないこと

身体の末端に血液が行き届いていないことから、冷えが引き起こされる場合があります。血の巡りを良くするためには、身体を温める事で改善することができます。足湯や半身浴などでじっくり身体を温める工夫も良いでしょう。

衛生面に気を付けること

鉄欠乏性貧血でなぜ衛生面に気を付ける必要があるのかというと、身体の抵抗力が低くなっているためです。感染するリスクが高まっているので、こまめに手を洗うなど、身体を清潔に保つように心がけましょう。

血尿や血便が出ることがある

貧血になると鼻血がでやすくなる事があります。また、膀胱などから出血することもありますので、血尿や血便が出るような場合にはすみやかに医療機関で受診しましょう。

広告募集中